V.Iについて

BIGBANGのマンネ(末っ子)でボーカル。マンネらしい愛嬌があり、バラエティーセンスに長けている。眼の下のクマから「パンダ」というニックネームも持っている。

日本語、英語、中国語を話すことができ、日本語の実力はかなりのもの。個性的なメンバーたちのなかで、自分も何か得意なことをつくりたいと猛勉強したという努力家。

芸能界きっての遊び人としても知られており、女性にまつわるうわさは後を絶えない。

基本情報

  • 名前V.I
  • 本名イ・スンヒョン
  • ニックネーム・あだ名スンリ、スン
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所YGエンターテインメント
  • 所属グループ BIG BANG 
  • 生年月日1990年12月12日(26歳)
  • 兄弟
  • 出身韓国・光州
  • 高校スンシン工業高等学校中退
  • 大学中央大学校演劇映画学部(自主退学)、国際サイバー大学(編入)
  • デビュー年2006年
  • 身長179cm
  • 体重57kg
  • 血液型A型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

なし

V.Iは特定の女性との交際報道などが出たことはない。しかし、女性がらみのうわさは絶えない。彼の女好きはファンの間では有名で、さらに本人もそれを認めている。まだまだ遊びたいお年頃のようだ。
2012年には日本の週刊誌「フライデー」に彼と一夜を共にした女性のインタビューが掲載され、ベッドで上半身裸で寝ている写真も掲載された。彼の女性関係の激しさの一部が公開されてしまったのだ。
韓国のバラエティ番組でV.Iは「G-DRAGONはパパラッチにもかっこよく写真を撮られるが、僕はいつも寝ている写真ばかり撮られると」事実を認め、自虐トークを繰り広げていた。

好きなタイプ

V.Iは、本人が「自分は欲張り」と言っているだけあって、理想が高い。一番重視するのは声で、声がきれいな人がいいと語っている。
性格は愛嬌がある人で、一緒にいて退屈しないような楽しい性格の人がよく、年上が好き。仕事を頑張っていて尊敬できるような女性が好み。
見た目に関しては、ピアスをしておらず、スタイルがよく肌が綺麗で、白いワンピースを着ている人。好きな芸能人はAFTER SCHOOLのユイで、日本の芸能人だと安室奈美恵や宮崎あおい、武井咲が好み。

性格・パーソナリティ

BIGBANGのマンネ(末っ子)のV.Iは、まさに「マンネらしい魅力」を持っている。愛嬌があり、楽天的な性格をしている。社交性が高く、世渡り上手なイメージだ。
物怖じせず、メンバーにも甘えるのが上手。また、ユーモアもあるので、D-LITEとともにバラエティー担当といえる。
いい意味で自分が大好きで、音楽番組で賞を取った時、「何よりも自分に感謝します」と言って笑いを誘った。とてもファン思いで、大きな会場でのコンサートの際も、後ろの席のファンのことを気にかけたり、メンバーを後方の観客が見える所まで呼び寄せたりするサービス精神がある。
日本語、英語、中国語まで話すことができ、おちゃらけている裏での彼の勤勉さや努力がうかがえる。末っ子であることに誇りを持っており、その役割をきちんと果たしている。アーティスト性が強いBIGBANGの中で、その社交性やユーモアを武器に大衆との架け橋になっているのがV.Iだといえる。

趣味

V.Iの趣味はバスケットボール、音楽・テレビ鑑賞。なかでも日本のドラマやバラエティ番組などが好きなようで、流暢な日本語を活かして日本のバラエティー番組からも引っ張りだこ。
またSNSではゴルフをしたり、射撃をしたりしている写真をアップしており、さまざまな趣味を持っていることがわかる。
バスケットボールはBIGBANGの「WE BELONG TOGETHER」のミュージックビデオのなかで、3on3を披露している。

特技

V.Iの特技は言語。英語、中国語、日本語が話せる。なかでも日本語は自分の意志を問題なく話せるほどで、日本のドラマや映画にも出演するほどの実力だ。
日本のコンサートでのMCはお笑い芸人顔負けで定評がある。日本で個人活動も活発にしていた。また、地方出身の才能ある若者の芸能界入りを支援するため、ダンスアカデミー(JOY DANCE PLUG IN MUSIC ACADEMY ※現在は閉鎖)を経営し、多くの芸能人を輩出した。

デビュー前の経歴

V.IはBIGBANGメンバーのなかで唯一の地方(光州/クァンジュ)出身者。小さいころから人前に立つのが好きで、当時の夢はコメディアンだったという。
中学生でダンスに目覚め、地元でダンスチームも結成していた。その後、BIGBANGのデビューまでの軌跡に密着したドキュメンタリー番組「リアルドキュメンタリーBIGBANG」にメンバー候補として参加。当時はダンスが得意だったV.Iは、チームの振り付けなどもおこなっていた。
しかしYGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク社長から「ダンサーを選ぶのではなく、歌手を選ぶんだ。だから君は少し足りない」と言われ、一度脱落してしまう。当時彼は、「今すぐ帰れ」といわれると思っていたが、もう一度チャンスをもらえることに。
そこでV.Iは社長の気持ちを変えてみせようと決意する。そこから猛練習を重ね、歌唱力が大きく成長。その努力を買われ、BIGBANGのメンバーとしてのデビューを勝ち取った。

メンバーからの評価

G-DRAGONとV.Iは「トムとジェリーのような関係」とよく比喩される。これはV.IがいつもいたずらをしてG-DRAGONに追いかけられる姿がトムとジェリーのように見えたためである。
実はG-DRAGONとV.Iは最初から仲が良かったわけではなく、デビュー前には後から入ってきたV.IをG-DRAGONは嫌っており、3ヶ月間無視されていたのだそう。
ふたりとも『宮~Love in Palace』というドラマにはまり、二人で話すようになったのが親しくなったきっかけ。現在は仲睦まじい関係になっている。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

不明

尊敬するアーティスト

不明

Instagram・Twitterアカウント

出演ドラマ

  • HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜 season2
  • エンジェルアイズ
  • 金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件

編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:Mousey編集部