カン・スンユンについて

WINNERのリーダーでメインボーカル。オーディション番組「K-POP STAR」出身で、WINNERとしてデビューする前に、ソロ歌手としてもデビューしており、話題となっていた。そのハスキーな歌声はWINNERの象徴ともいえる。

作詞・作曲ができ、いつもギターを持ち歩いている。最近では俳優としても能力を開花しており、WEBドラマの主演などにも抜擢されている。性格は責任感が強く、いつも冷静。音楽に対して真摯に向き合っている。

基本情報

  • 名前カン・スンユン
  • 本名カン・スンユン
  • ニックネーム・あだ名ユン
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所YGエンターテインメント
  • 所属グループ WINNER 
  • 生年月日1994年01月21日(23歳)
  • 兄弟不明
  • 出身韓国・釜山
  • 高校釜山芸術高等学校
  • 大学非公表
  • デビュー年2014年
  • 身長178cm
  • 体重54kg
  • 血液型B型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

なし

好きなタイプ

スンユンの好みの女性は、ライフスタイルが魅力な人、自分を理解してくれる人だそう。アイドルという特殊な自分の仕事を理解してくれる広い心を持つ人が理想だとインタビューで語っている。
何事にも一生懸命で、仕事をきちんとしている、自立した女性が好みなようだ。見た目は体型のバランスがいい人が理想。自身は友達から進展する恋愛スタイル。
理想の告白のスタイルは、電話番号を聞き出してアタックして、カラオケに連れて行ってWINNERの「告白するんだ」を歌うこと。

性格・パーソナリティ

スンユンはWINNERのリーダーを務めている。WINNERとしてデビューする前から歌手としてデビューを果たしており、その作曲・作詞のセンスは以前から注目されていた。
サバイバル番組『Who is next:WIN』のAチームだったWINNERだが、もともとリーダーはソン・ミンホが務めていた。

しかしミンホの怪我をきっかけに、スンユンにリーダーが移行。年上のメンバーもいる中で、リーダーシップを発揮した。最年長のジヌがミスをするときちんと指摘する場面も多く見受けられた。

リーダーとしてメンバーに厳しく指導する面が取り沙汰されがちだが、実はとてもメンバー想い。多くの曲を作っている彼だが、周囲から「これは全部スンユンが作ったのか?」と聞かれると必ず「最初にメンバーで意見を出し合います」と、きちんとメンバーのことも立てる義理堅い性格だ。

また、ふだんはクールで飄々としている彼とは打って変わって、ふざけたりはしゃいだり、ギャグを連発することもあり、おちゃめな一面も持ち合わせている。

趣味

スンユンの趣味は、絵を描くこと。サバイバル番組『Who is next:WIN』のなかでは、パフォーマンスの発表の前夜に、メンバーたちの結束を強めるため、全員の帽子に「WIN」という文字のペインティングをほどこしていた。

本格的なペインティングで、それぞれ少しずつデザインを変えていたところにスンユンのセンスが光る。夜を徹してペインティングをするスンユンの映像は、ファンたちの心に感動を与えた。

また、ファンの間ではファッションセンスが良いと話題になっている。

特技

スンユンは学生時代に学費や楽器代のためにビリヤード店で働いていたという意外な過去がある。芸術系の高校に通っていたため、学費が高く、少しでも両親を助けようと始めたそう。

当時はビリヤードの選手もしておえり、プロになる可能性もあったという知られざる実力を持っている。ビリヤード店ではホールスタッフをするかたわらで、ビリヤードを教えることもあったという。

今は本職として活かしている作詞や作曲も特技のうちに入るといえる。

デビュー前の経歴

スンユンは、2010年に放送されたオーディション番組『SUPER STAR K2』の出身。このとき、メンバーのスンフンも一緒に出場したライバルだった。

同番組でスンユンはユン・ジョンシンの『本能的に』をカバーし、そのハスキーな声の魅力をいかんなく発揮、4位に輝いた。

その後、YGエンターテインメントに所属し、練習生となる。2011年にはシットコム「ハイキック3~短い足の逆襲~」に出演。カン・スンユンの名前で演技デビューも果たした。
2013年7月に、デジタルシングル『雨が降る』で、ソロアーティストとしてデビューを果たす。後に、『Who is next:WIN』でAチームとして、Bチーム(現iKON)とサバイバルをすることに。

放送当時、彼はソロ歌手として『Wild and Young』の活動も行っており、かなりの負担がかかっていた。音楽番組の収録には、Aチームのメンバーがかけつけるというエピソードも放送された。

チームワークの弱さを指摘され続けたAチームのリーダーとして、メンバーを必死にまとめ、作曲や作詞まで手がけるスンユンの姿は視聴者の胸を打った。

メンバーからの評価

クールなリーダーのイメージのあるスンユンだが、メンバーから見ると印象は異なるようだ。練習の後に、バレットパーキング(韓国ではバレエパーキングという)の横でバレエを踊ってみせたり、おどけた姿を見てメンバーは「スンユンはたまにおかしくなる」と笑いながらコメント。

また、ミンホにいつも「太るから食べるのをやめろ」と小言を言うらしく、ミンホはそれをやめてほしいと思っているそう。

ナム・テヒョンと仲が悪いのではと言われていたが、日本に来た際にナム・テヒョンと一緒に渋谷でストリートライブをし、息の合った2人の姿を披露した。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

不明

尊敬するアーティスト

TABLO(Epik High)

Instagram・Twitterアカウント

編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:Mousey編集部