ドウンについて

DAY6ではドラムを担当している。アコースティック公演が必要な場合、カホンも担当する。グループの中では一番年下の末っ子である。ドラムの特性上ステージでは後ろの方にいるが、ステージで目立ちたいと思うか?という質問に対しては、そういった欲はないのだという。

本人いわく鈍感な性格で、誰かが怒っていてもひとりだけ気付けず後から知ることもよくあるのだとか。釜山訛りを駆使した独特な話し方をする。練習生期間が短く、ボーカルでの参加をしていない。

基本情報

  • 名前ドウン
  • 本名ユン・ドウン
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所JYPエンターテイメント
  • 所属グループ DAY6 
  • 生年月日1995年08月25日(22歳)
  • 兄弟姉1人
  • 出身韓国・釜山広域市
  • 高校Peniel藝術高等學校
  • 大学釜山芸術大学実用音楽科
  • デビュー年2015年
  • 身長177cm
  • 体重60kg
  • 血液型O型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

無し

熱愛報道や噂も無く、本人も公式発言をしていないため公式記事も無し。

好きなタイプ

不明。

性格・パーソナリティ

DAY6では末っ子であり、チーム内の役割は家族を暖かく迎える「ワンちゃん」だと自身で語っている。しかしピョンピョン跳ね回るワンちゃんのような可愛らしい末っ子が、2016年後半からはチーム内の「実力者」と呼ばれるようになったそうだ。

毎日メンバー達に対し「お兄さん!叩かないで!」と被害者のフリをしながら、実際はチーム内の実力者として君臨しているとメンバー達が語っている。

また自分では「空気が読めないタイプ」だと公言している。メンバーの中で誰かが機嫌が悪かったり、誰かが怒っていてチーム内の空気が悪い時も全く気付かない事が多いという。後から言われて気付くこともしばしば。

また、あまり自分に自信を持てないタイプである。その分自分が何か不足だと感じた時は自分自身に腹を立て、より一層努力する性格だという。

かなりの恥ずかしがり屋でもあり、テレビやラジオで自分に注目が集まるとすぐ耳が赤くなる。放送では緊張してしまうので言葉数があまり多くないが、ファンと1対1で話が出来るサイン会ではよく話すタイプだ。

趣味

中学生の頃からアニメーションを見ることが大好きで、最近メンバーのYoung Kにアニメーション好きが伝染したようだ。また、一人でバスに乗って遠くに行くことも趣味の一つだとしている。

特技

ドラムを叩くこと。中学2年生の時にドラマーがかっこよく見え始めた事をきっかけにドラムを始めた。ドラムを叩く時に目を閉じて叩く習慣がある。これは意識している訳ではなく、ドラムを打つ際に集中していると自然と目を閉じているということだ。

またドラムの上にメモ用紙を置いてレッスンの際に受けたアドバイス等を書き留める習慣もあり、ドラムへの情熱が見受けられる。

デビュー前の経歴

デビュー前は釜山芸術大学でドラムを専攻する平凡な大学生だった。2015年4月、普段から親しくしていた大学の助教授からJYPエンターテイメントが開催するドラムオーディションがあるということを聞き、オーディションに参加。

見事合格しDAY6のドラム、末っ子メンバーとなった。元々ドウンの前にオーディションに合格し、既存の5LIVEのメンバーとDAY6としてデビューする為に練習していた練習生がいたが、個人の事情により脱退した。

その後に再度開かれたドラムオーディションにて合格したドウンが、DAY6のメンバーとして合流した。

DAY6に合流する前の夢は、ドラムの先生だった。練習生期間が短いため、他のメンバーはボーカルも得意として入ってきたが、ドウンはドラム要員として入ったため、ボーカルは参加していない。

メンバーからの評価

ラジオや番組では個人コメントが少ない方だが、2017年4月のファンミーティングで明らかとなったところによると、メンバーと一緒にいる時は一番うるさいらしい。ソンジンに静かにしてろと言われても、「それなら30秒だけ静かにしてるよ!」というほどだという。

整形の噂

無し

好きなアーティスト

不明

尊敬するアーティスト

ドラマー イ・サンミン

Instagram・Twitterアカウント

編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:Mousey編集部